ザンキゼロ ネタバレ ゼン

公開日: 11.09.2021

嫌なストーリーを正面からブツけて来る感じ は『ダンガンロンパ』っぽいなと思ったんですが、よく考えて見るとダンガンロンパって性的苦痛に関してはあまり描かれてないんですよね。. そして、ゼンが子供時、祖父と母がいた部屋にたどり着きます。あの光景を見てから一度も足を踏み入れなかった部屋。するとそこに、 ゼンの祖父・・・つまりゼンの父がクリーチャーとなって現れました。.

次にハルトが目を覚ました場所は四方を海に囲まれた孤島「ガレキ島」だった。 ハルトは少女「比良坂サチカ」の案内により、同じように集められた男女たちと出会う。 そして、謎のテレビ番組「エクステンドTV」にて「エクステンドマシンを完成させるためのパーツを集めよう」という目的が語られる。. メンバーは昼前にガレージに集まることが決まりになっていて、その日も集まっていました。エクステンドマシンのコントロールパネルを見ると 欠けているパーツはあと5つ。 おそらくは すべて集めなければ老化現象は止められない かもしれないと、マモルが言います。しかし、他のパーツと言っても、真白ガーデンタワーはほとんど調べ尽くして、パーツなんか見つかりませんでした。ただし、真白ガーデンタワーには地下があり、そこはまだ探索していませんでした。というのも、地下に行ける入り口は塞がっていて、エレベーターも止まっているため、どちらにせよ探索はできませんでした。するとユマが パーツは別の廃墟にあるのではないか と言います。確かに別の廃墟は海にたくさん浮いていますが、ガレキ島から離れるのは、クローン人間の寿命などを考えると難しい状況です。.

エクステンド マシンのタイマー機能ってのが、具体的にどんなんなのかってあんまり描写されてなかったと思うけど、先生1人でどうやって自分を タイタニック 陰謀論 し続けたの?どうやってもペケ字キーをセットする必要があるんじゃないの?.

ゼンの一家がゼンの祖父の家に引越してくるところから始まります。 ゼン本人と、ゼンの父と母と兄。そして祖父と祖母という家族構成。ゼンの一家は祖父の家に住むと同時に、ゼンの父と母は祖父に 猿山ツリーハウスビレッジ で仕事の紹介をしてもらったようです。猿山ツリーハウスビレッジは真白リゾートが経営しているようです。. 主人公たちの拠点となる孤島。 一見すると廃墟だらけの無人島だが、探索するとサバイバルに必要な水や寝床などがそろっている。 時間が経過すると島の周りに他の廃墟が流れ着き、エクステンドTVが廃墟に関する情報を知らせてくれる。. ダンガンロンパ にも話しかけて友情深める的な要素あったからそういうのだと思ってて、能力アップもあるしゼンとハルトはよく前線に出すから絆を深めてくれたら戦闘も楽だろうといつも一緒の部屋にしてた。. 真白ガーデンタワーでエクステンドマシンのパーツを手に入れてから、エクステンドTVは一度も流れていませんでした。その後も老化して子供からやり直すという日々を送っていたメンバー。パーツをエクステンドマシンに追加しても、老化現象は止まることはなく、依然としてクローン人間の寿命は13日のまま。エクステンドマシンには、子供になったメンバーのために、人数分の服が用意されていました。他にも大人になった時に本人たちが着れそうな服も準備されていて、どれにも 『MANI』 というロゴがついていて、この『MANI』がエクステンドマシンやクローン人間に関係があるとみんな考えていました。.

TV .

そして一度攻略ビデオは終わります。常に冷静なユマでしたが、内心動揺していました。 この攻略ビデオを作った人間は、間違いなくユマの使命を知っていると判断したからです。そしてこのままビデオが進めばそんな使命をみんなに知られてしまう。 そんなユマに優しい言葉をかける仲間たちでしたが、ユマの心の中では、ここにいるみんなを必ず消す事を改めて誓っていました。. 最初から割と怪しい。若い頃が若王子先生( ときめきメモリアル GS2)に似てる。.
  • そこへゼンを追っていた他の7人が現れます。再び一緒に行動しようとするメンバー。リョウにいつもの余裕がないと指摘されたゼンは、 『俺の何をしっているんだよ?』 と問うと、ユマが 『あなたが祖父と母親の子だということ』 と返答します。.
  • つまり、『 俺の屍を越えてゆけ 』とはまた違った意味で生き死にを繰り返して強くなるゲームである。. 本作でアイテムコンプリートを目指す場合に立ちふさがる壁が一つある。 それは最上位素材の「サルの毛皮」。ネットで検索すれば「キイロイサル」という敵が落とすことまではわかるのだが、とにかく出ない。 「マラソン疲れた」「バグなのでは」と嘆く人がいる一方で、「むしろ余ってる」という人もいるなど、謎な状態となっている。 実はこれ、素材の中で唯一、とある仕組みがされており、マラソンで何とか早期獲得しようとする人間の心をへし折る仕様になっている。 まあ、装備品のコンプリートはトロフィーには関係ないので、サクッと諦めるのも手である。最強装備には使わないし。.

ゲームの話とか全然関係ない話とか

結局、使命を果たすか、みんなと生きるか選択できないまま、パーツがあるであろう部屋にたどり着いたユマ。入口にはいり、先に進むとボスクリーチャが背後の壁を壊して現れました。その姿ににユマの面影があります。今回のボスはユマの母のクリーチャだと思っていた所、ボスクリーチャが 『マッショウシロ・・・・クローーーン・・・』と叫びます。 『おとうさま・・・』 なんと今回のボスクリーチャは ユマの母と父が融合されていました。. 引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる. ダンガンロンパ にも話しかけて友情深める的な要素あったからそういうのだと思ってて、能力アップもあるしゼンとハルトはよく前線に出すから絆を深めてくれたら戦闘も楽だろうといつも一緒の部屋にしてた。. タグ検索 :. ペケ字キーになったら自動で回収するシステムとかあるのかな?そうじゃなきゃ、思いがけず死んでしまったらもう エクステンド できないもんね。.

  • そして一度攻略ビデオは終わります。常に冷静なユマでしたが、内心動揺していました。 この攻略ビデオを作った人間は、間違いなくユマの使命を知っていると判断したからです。そしてこのままビデオが進めばそんな使命をみんなに知られてしまう。 そんなユマに優しい言葉をかける仲間たちでしたが、ユマの心の中では、ここにいるみんなを必ず消す事を改めて誓っていました。. しばらく進むとゼンがある書類をクロスケに襲われた部屋で見つけた事を告げます。その書類とは、エクステンドマシンについて。クローン研究の途中報告のような内容の文章で、今のエクステンドマシンでは、 クローン人間を生成する際に、大量の廃棄物 が出てしまうと書いてあります。しかし、これまで何度もメンバーはエクステンドしてきましたが、そんな廃棄物が出たことありませんでした。ミナモが何か引っかかってるといいますが、専門的な事はユマも他の誰もわからず、先に進む事になりました。.
  • ゲーム 『ザンキゼロ』 のストーリーを紹介しています。 今回はPart3。ゼンが主人公の物語です。 ここからはゼン視点で物語が進んでいきます。. 残されるサチカが、 人類滅亡の残機をカウントダウン していくのに泣かされました。.

TV13 MANI MANI. TV .

ラスボス倒して8人で楽しく暮らしてたけど、 エクステンド マシンが壊れて他のみんなは寿命で死んで、最後の生き残りをサチカ・クローンが探しに行く、じゃダメ?. そもそも寺島とか追わないで、ガレキ島で エクステンド マシンが動かなくなるまでみんなでサバイバルしてた方が楽しいよね絶対。. 結局、使命を果たすか、みんなと生きるか選択できないまま、パーツがあるであろう部屋にたどり着いたユマ。入口にはいり、先に進むとボスクリーチャが背後の壁を壊して現れました。その姿ににユマの面影があります。今回のボスはユマの母のクリーチャだと思っていた所、ボスクリーチャが 『マッショウシロ・・・・クローーーン・・・』と叫びます。 『おとうさま・・・』 なんと今回のボスクリーチャは ユマの母と父が融合されていました。.

STAGE 4. 10 .

無事だったPC使って エクステンド TV作ったり、体鍛えたり、ガレージキッドに関係ある島探して エクステンド マシン配置したり、とにかく頑張りすぎ。. 怒りのあまりスコップで殴ろうとしましたが、 兄嫁が祖父を庇います。 どうやら祖父が無理矢理迫ったのではないようです。 なんと彼女達(母や兄嫁)は祖父への借金返済のために、最初から自分の息子(父)や孫(兄)のもとにくるように彼女達に指示して、関係を続けていたと言います。 その事実を知ったことで衝動を抑えられなくなり、ついに祖父へスコップで殴りかかるゼンでしたが、再び兄嫁が祖父をかばい、 兄嫁は腕を怪我してしまいました。結果、すべてをゼンのせいにされ、ゼンは家から出て行くことになりました。 その時、家族の真相をバラすことものなく、一人で出て行く時、ゼンは母に 『母さん、兄さんたちと仲良くね』 と言い残し家を出て行きました。.

今生の別れの瞬間に 「ごめんね…」 という言葉を絞り出さなければいけなかった少女の胸のうちを想像すると、ほんとにつらい。. クソ親父の気まぐれといえばそれまでなんだろうけど、別に出てくる必要なかったような…。あれだけは本物のサチカだと思って たけど違うのか。. エクステンドTVでは、ショウとミライのいつもの掛け合いの後、ミッションが告げられました。それは前回と同様に 『パーツを手に入れる』 というもの。しばらく同じミッションが続くといいます。先程のマモルの予想通りの展開。しかし、パーツを取りに行く廃墟は前回とは違うとの事。どうやらすでに 新しい廃墟がガレキ島にたどり着いているようです。 その廃墟の名前は 『猿山ツリーハウスビレッジ』 。その場所に向かうと確かに新しい廃墟がありました。この猿山ツリーハウスビレッジはどうも真白市にはない場所らしく、先程のゼンの予想が外れます。とりあえず廃墟に行くメンバー一同。そこは自然のあふれる森の廃墟でした。なぜこのようなリゾート施設がガレキ島にたどり着いたのかわからない状況で、ハルトが自分の時と同じようにメンバーの誰かに関係があるのではないかと言います。誰も覚えがない中で、 ゼンだけが押し黙っていました。.

そこでマモルがユマに質問をします。 今回戦ったボスクリーチャは本当いユマの父と母だったのか と。ユマはわからないが言動は二人に似ていたといいます。マモルは今回、パーツを手に入れた時、ゼンが見つけたような報告書を発見していたといいます。それにはクリーチャについて書かれていて、 クリーチャは元となった人間の記憶に基づいて個体差があると記録されています。 なのでマモルはユマに父と母について訪ねたといいます。 クリーチャはクローンの一種で、本体は別にいるのではないか ・・・というのがマモルの見解。その事を聞いて、ボスクリーチャにあった時を思い出すユマ。『マッショウシロ・・・・クローーーン・・・』そこでユマは気づきます。 もしかしして、クリーチャの正体って・・・。 この予想は当たってほしくないとユマは思い、考えるのをやめました。.

MANI. 10. TV13 MANI MANI.

ビデオが終わり、 事の真相をしったメンバーたち。 さすがにこのまま連れていくわけにいかないと判断したとき、 ヘタクラとは. 残されるサチカが、 人類滅亡の残機をカウントダウン していくのに泣かされました。. トラウマストーリーの中で唯一好きなのは、仲間たちを抹消すべきかどうかを悩んでいたユマにゼンがかけた 「……人形はさ、迷うことすらできないよ」 という言葉です。.

あの惨劇から1日経って、ガレージではエクステンドマシンに新しいパーツが取り付けられようとしていました。取り付けていたのはサチカで、どうやらサチカはすっかり元気になった様子です。新しいパーツを取り付けられて、エクステンドマシンに新たに追加された機能は、元々、ゲームの筐体のような見た目のまま、 横スクロールのシューティングゲーム『ステミスカイ』が遊べるようになっただけ。 クリオネのように何かしらの機能が追加されたのかと思っていましたが、ただ単にゲームが遊べるようになっただけでした。.

Part2. … … WiiFit… …. : :?

読むことをお勧めします:

  1. Ai
    17.09.2021 21:12
    これまで残機カウンターが「 8 」だったのは、8人しか生き残っていないという意味ではなく、 9人の生き残りがいるという意味だったわけです。. もう エクステンド しないで人生諦めたくなるレベル。よくみんな希望持てるね。.
  2. Kiyoshi
    19.09.2021 21:31
    そして再び攻略ビデオは流れます。体の弱かったユマの母が亡くなりました。普段の冷酷な父レンジでしたが、最愛の妻の死に泣きじゃくり取り乱していました。そんな初めて見る父の姿に驚くユマ。 父を慰めるため、今後は自分が母の代わりとしてレンジを支えると伝えます。. それぞれのキャラクターのトラウマをほじくっていくのですが、これが7つの大罪に見立てられており、 どうも気持ちのよくない話が多かったですねぇ。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2021 rebeccahaegelephotography.com | 利用規約 | 連絡先 |